単身パック 比較

単身パックを比較して単身パックを徹底的に解剖する

どの単身パックを選べばいいの?

 

たくさん引越し業者さんはあるし、単身パックもたくさんあるので迷いますよね
このサイトでは、各引越業者の単身パックを徹底解剖します。

 

まず、単身パックを利用できる人は限られてきます。
ポイントは荷物の量です。

 


なので、親もとを離れて初めて一人暮らしをする学生や社会人の方、
あるいは単身赴任で一人暮らしをされる方に向いているサービスです。

 

また、家具や家電が備え付けてあるマンションに引越すとか、
新居で家具や家電を買う予定の人は、単身パックを利用できます。

 

 

実は多くの単身パックは、専用のBOXを利用して引越しをします。
この専用BOXに入らない、家具とか家電は別の手段で運ぶなど、
プラスアルファーの料金を取られてしまいます。

 

業者名 専用BOXの大きさ 備考
クロネコヤマト引越センター 奥行1040mm×幅1040mm×高さ1700mm フルサイズ
クロネコヤマト引越センター 奥行1040mm×幅1040mm×高さ1300mm miniサイズ
日通引越し 奥行740mm×幅1080mm×高さ1540mm 単身パックS
日通引越し 奥行1040mm×幅1040mm×高さ1740mm 単身パックL
日通引越し 奥行1649mm×幅2279mm×高さ1989mm 単身パックX
佐川引越センター 奥行750mm×幅1000mm×高さ1450mm 単身カーゴ
佐川引越センター 奥行1490mm×幅1390mm×高さ1420mm 単身AIR CARGO
ハトのマークの引越センター 奥行800mm×幅1100mm×高さ1700mm 小鳩パック
ハトのマークの引越センター 奥行1050mm×幅1050mm×高さ1800mm 青春引越便
西濃運輸 奥行1280mm×幅1150mm×高さ1700mm 2.5m3タイプ
西濃運輸 奥行740mm×幅1030mm×高さ1440mm 1.5m3タイプ

 

 

たとえばクロネコヤマトの単身パックの専用BOXに入らない家具や家電は、
「らくらく家財宅急便」で運ぶといった感じです。

 

よくある話で、自転車はどうなるのか?
折り畳み自転車ならBOXに入りそうだし、自転車を立てて入れれば、
BOXに入るかもしれません。
ただし、他の荷物が運べなくなり、もう1BOX追加という事になります。

 

そすると、追加料金になるので、自転車を処分して新しい自転車を買った方が
安上がりという場合も考えられますので、引越す前に検討が必要です。

 

しかし、西濃運輸の単身パックであるカンガルー単身MAX+1は、

自転車1台までが専用BOX料金に含まれていたりします。

 

このように、各引越業者によって、いろいろ特色があるので、単身パックの比較が必要となります。

 

 

他の例でお話をすると、時間指定をすると、追加料金を取られる業者もあるし、
無料の業者もあります。
また、単身パックの料金に保険代金を含む業者もいれば、別途請求する業者もいるので、
単身パックといえども比較検討は必須となります。

 

 

単身パックの比較をするには、複数業者から見積もりを集めないといけません。
そこで活躍するのが、引越し一括見積もりサイトです。

 

1回の入力で、複数業者から見積もりをもらうことができます。
同じ条件で見積もりをもらえるので、単身パックの比較が容易にできます。

 

無料で利用できるので、引越し時には活用したいアイテムなのですが、

引越し一括見積もりサービスは、申し込みをすると、引越し業者からすぐにメールや電話がきます。これがウザったいと思う人にいいサービスが出ました。

 

引越しの情報を入力すると、ネット上で各引越し業者の
見積もりの値段と相場を一覧で比較でき、そのまま引越しの依頼ができます。

 

なので、たくさんの引越し業者から電話やメールがくる事がありません。

 

 

 

 

 

 

 

荷物の量を減らして単身パックを利用する。

単身パックは得に長距離で威力を発揮します。

例えば、通常の引越しで東京から大阪まで引越しした場合の相場は、
トラックの大きさにもよりますが、6万〜15万ぐらいとなります。

 

単身パックであれば、3万〜5万ぐらいになり、引越し費用が節約できます。
引越し費用を節約したい場合には、単身パックは有利になります。

 

 

業者名 同一市内 東京〜神奈川 東京〜大阪
クロネコヤマト引越センター(フル) 14,700円〜 22,050円 29,400円
クロネコヤマト引越センター(mini) 13,600円〜 18,900円 26,250円
日通引越(単身パックL) 18,900円〜 18,900円〜 27,300円〜
日通引越(単身パックS) 17,850円〜 17,850円〜 25,200円〜
日通引越(単身パックX) 61,800円〜
佐川引越センター 34,350円〜 41,700円〜
ハトのマークの引越センター 11,500円 35,700円〜
ダック引越センター 16,200円 19,440円
カルガモ引越センター 15,800円〜 35,250円
西濃運輸(2.5m3) 20,000円〜 23,000円〜
西濃運輸(1.5m3) 23,000円〜 27,000円〜

 

 

 

ただ、単身パックのポイントは、1つの専用BOXに荷物が入るかがポイントです。
複数の専用BOXも利用できますが、料金体系が専用BOX単位なので、2つになれば2倍、
3つになれば3倍となります。

 

複数BOXで割引がありますが、1つの専用BOXで1,000円ぐらいです。

 

なので、複数BOXを利用する場合は、通常の引越しよりも引越し料金が高くなる可能性があるので、

きちんと計算して、どちらが得なのかを見極めないといけませんね

 

 

また、荷物の量が微妙な場合や、どうしても単身パックを利用したい場合には、
不用な荷物を処分することをオススメします。

 

大きな家具や家電がある場合には、リサイクルショップへ行って処分したり、
引越し料金と比較して、有料でも処分した方がお得な場合には、有料でも処分しましょう!

 

 

ひとつの専用BOXで運べる荷物の目安は以下の通りです。

 

  • 冷蔵庫(2ドア)
  • 全自動洗濯機(4kg)
  • 電子レンジ
  • ダンボール10箱(サイズ:350mm×430mm×310mm)
  • 衣装ケース3個
  • 布団袋1つ
  • スーツケース1個

 

 

これ以上ある場合には、不用な荷物を処分して1つの専用BOXにいれましょう!

 

 

そして、近距離の引越しで、しかも同一市区内の場合には、
単身パックも安いですが、専用BOXを利用しない単身引越プランの方が有利かもしれません。

 

なぜなら、引越し料金は、ほぼ単身パックと同じですが、運べる荷物の量が違います。
しかも、単身専門でやっている中小引越業者さんもいるので、選択肢は豊富にあります。

 

いずれにせよ、複数の引越し業者から見積もりをもらって、
引越し料金や条件などを比較検討することが大切です。

 

まずは、引越し一括見積もりサイトを利用して、複数業者からの見積もりをもらうことがスタートです。
また、複数業者からのメールや電話の対応が面倒な人は、ネットで各業者の見積もり一覧や相場を知ることができ、その場で引越し業者を選べるサービスもあります。

 

↓↓↓詳細はこちらから↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

単身パックランキング

 

クロネコヤマト

 

クロネコヤマトの単身パックは、専用BOXを利用した引越しです。
2種類の専用BOXから選択でき、近遠距離に対応しています。
大きな家具は、らくらく家財宅急便にて対応してくれます。

 

詳細はこちらから

 

日通引越し

 

日通の単身パックは、専用のBOXを利用し長距離の単身引越しに対応。
鉄道輸送の単身パックもあります。
専用BOXではありませんが、同一市内向けのパックも用意されています。
品揃えが豊富です。

 

 

詳細はこちらから

 

佐川引越センター

 

佐川引越センターの単身パックは、単身カーゴプランと呼ばれています。
種類は、単身カーゴプランと航空機で運ぶ AIR CARGOプランの2種類です。
急ぎの場合はAIR CARGOプランを利用するといいのですが、エリアに制限があります。

 

 

詳細はこちらから

 

ハトのマークの引越センター

 

ハトのマークの引越センターの単身パックは専用のBOXを利用します。
遠距離便は専用BOXを利用し近距離は貸切のトラックで対応します。
また、航空便の単身パックを用意

 

詳細はこちらから